働くアラサー母! ~毎日家族で笑って~

働くアラサーあずぶーが仕事でへこたれつつも毎日家族で楽しく過ごしていく日常をつづっていきます!
0

妊婦 夢の国 ディズニーシーに行く②

平日にも関わらずキャンパスデーパスポートもあり、学生で大にぎわいのディズニーシーに突撃したあずぶー


前回からの続きです


研修からの解散は17時ですが、あずぶーは研修の自由時間の間に「ゲストアシスタントカード」なるものをゲットしておきました


こんなやつです↓↓




ディズニーシーでは入口はいってすぐのゲストリレーションで受けとりました


そもそもゲストアシスタントカードとは


疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。


対象者は


身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳所持者および疾病、負傷などにより体の機能が低下している方(高齢者、妊婦を含む)


今回はあずぶーは妊婦なので「妊娠中なのでゲストアシスタントカードを発行していただきたいのですが」と話したところ問題なく発行していただけました


母子手帳や診断書の提示等は求められませんでした


初めて利用の際は丁寧に説明していただけます


妊婦で乗れるアトラクションもここでマップに書き込んでくれたりと親切です



使い方も簡単


乗りたいアトラクションのところにいって、カードを見せると本来並ぶべき時間を考慮した集合時間を教えてカードに書いてくれます


例:60分待ちのアトラクションなら1時間後の時間


その際にそのアトラクションが揺れるところがある、緊急の際にどのくらい歩く必要があるか、段差があるからサポートが必要かどうかの確認をされます


そして、その記載された時間にまた戻ってくれば乗り場に案内されます


アトラクションによって、裏側から案内されたりなどそれぞれサポートの必要具合で違うようですが、ファストパス的な要素に加え、なるべく負担なく乗り場まで案内してくれます


ちなみに


そのカードでは自分プラス3人(計4人)、グリーティングなら(計10人)までOKとのこと


私同僚の女性同士4人で行動しました!



あずぶーが利用したゲストアシスタントカードですが、4つのアトラクションで使用させていただきました


つまり、アフター6的な限られた時間でもこのカードのおかげで混雑したディズニーシーを満喫させていただきました!


ちなみにわたしは妊婦なのでタワーオブテラー的な絶叫系には一切のっていません!(当たり前ですが)


妊婦あずぶーがディズニーシーで何をしたかはまた次の記事で!


ポチッとお願いします♪


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。